Pocket

お疲れ様でございます。

 

あっという間に東京では桜の見頃は終わってしまいましたが、

 

強い風の日も寒い日も減ってきて気持ちの良い気候となってきました。

 

そして、

我が家もやっと一番下の子供が幼稚園に通うようになったので、午前中とかほんのわずかな時間かもしれませんが、

 

「夫婦水入らずの時間」

 

を満喫できるな・・・何しようか?などと色々考えております(笑)

 

(とは言え子供達はすぐに帰ってきますがw)

 

本当、

ボーっとしてたらいくら時間があっても足りないワケです。

 

時間って毎日24時間誰にでも平等に与えられますが、それを上手く使えるか否かは

 

「目標設定が正しくされているか?」

 

が結果を大きく別けると思います。

 

  • 理想とする自分
  • 理想とするライフスタイル

 

これが明確にイメージできているかどうかで人間の行動は全く違ってきます。

 

目標が定まっているのであれば、現在の状態と理想の状態のギャップはわかるはずですし、

 

日々、

 

  • 理想とする自分
  • 理想とするライフスタイル

 

をイメージできていたとするのなら、って非常に優秀なので勝手に理想と現実のギャップを埋める為の

 

「行動」

「アイデア」

 

なんかを無意識に検索してたりするので、自然と理想に近づく為の選択をできるようになったりします。

 

正しい目標設定であるとか理想の状態のイメージがまず無ければ効率よく動くことはできないと思います。

 

今からでも全く遅くありませんし、一度立ち止まって

 

「本当に自分がどう在りたいのか」

「理想の状態はどのような状態か」

 

正しく目標や理想の状態を考えて見て下さい。

 

もしそれがハッキリしたのなら、

その瞬間からきっとあなたの判断基準は目標達成の為に非常に合理的な判断を下せるものに変わるでしょうし、

 

結果的にあなたの行動は変わっていくかなと思います。

 

ちなみに、

金ちゃんは子供の頃からずっと変わりませんが

 

  • とにかく楽したい(怠けたい)
  • ムダを減らしたい
  • 数十の安定した収入源を持ちたい
  • 健康でいたい
  • 好きな時に好きな人と好きな事をしたい
  • お金に囚われない状態でいたい
  • ムリなく周りにギブできる状態でいたい

 

というような状態になりたいと思っていましたし、

 

私の場合はとにかく、

 

  • おじいさんになるまで働くのが嫌だった
  • お金の奴隷になるのが嫌だった
  • 国の言ってることが信じられなかった
  • 自己犠牲が美しいと思わなかった
  • 大人になったら時間が無くなりチャレンジできないというのはおかしいと思っていた

 

というかなりレールを外れた考え方の人間なので、

 

30代の体が動くうちに自動で収入が得られるような基盤を構築してしまい、あとは本当に自分のやりたいことに打ち込める環境を構築したい!と行動してきました。(本当にタダの怠け者w)

 

というのも、事実世界中には

 

  • お金に一生縛られる奴隷
  • お金の呪縛から解放された人間

 

が存在するのは紛れもない事実なワケで、純粋にどちらになりたいのかと言えば後者なワケです。

 

じゃああとは自分がそこに達する為にどうポジショニングしたり行動するか?なワケです。

 

ちなみに、

現時点で目標が無いという方も居るかもしれませんが、ある意味金ちゃんのようにふざけた目標とかでも良いと思います。

私は別に自分が人間的に立派だとか思ってませんし、社会に貢献できる立派なことをできるほど素晴らしい人間ではありませんが、

 

ある意味、

人に迷惑をかけずに自分や家族の好きなことや幸せを追求できればそれはそれで良いと思っています。

そしてもう少し欲を出すのなら、

自分が怠け者であることを理解した上で、自分が他人に喜んでもらえることをムリなく続けられることを仕事とできればと思っております。

単純に人に喜ばれるのって嬉しいですし、それで対価を頂けるのであればこれほどありがたいことはありませんし(笑)

 

だいぶ脱線しましたが何が言いたかったのかと言うと、

 

ただ漫然と目標も無く生きているだけだと、成長の速度も遅いですし他人や環境からの影響で動かされてしまい結果的に自分の本当にやりたい事からは遠ざかってしまうので理想の状態になんて到底近づけないということです。

 

今の自分、環境に満足できないとか、不満があるのであればまずは

 

「本当に自分がどう在りたいのか」

「理想の状態はどのような状態か」

 

を考えてみるのが良いかもしれません。

 

きっと理想の状態に近づいていけると思います。

 

というワケで、怠ける為には努力をいとわない変な男、金ちゃんです。

さて、前回は

【体当たり実践記】金を同じ日に色々な会社で購入した話。

ということで、金の購入について比較する為に、

 

1日の間に3つの会社をめぐり、

実際に金を100グラムずつ買ってみました。

(100グラムだけど)

身銭を切って得られたリアルと忖度なしの情報です(笑)

(案件とかではありませんw)

 

今回はその続きのお話しです。

 

実際に株式会社エクスチェンジャーズさんの店頭で

 

「金を引き出すことができたのか?」

を確認しましたので興味のある方はご覧くださいませ。

 

それでは参りましょう。

x-goldを実際に金地金として引き出してみた。

まず、前回のおさらいとしてどのような状態までいったのかというと、

 

●x-walletへ入金
(店頭と銀行振込、両方で入金を試した)

●x-walletへXJPYが反映される
(日本円でXJPYを購入とも言う)

●XJPYでXGLDを購入(100グラム)

(XJPYをx-goldへ変えた)

 

ということで、x-wallet内に

 

「100XGLDがある」

(100XGLDグラム保有)

という状態までいきました。

 

確かに、wallet内には100グラム分の金を保有していることになっていますが、あとはこれをちゃんと現物にできるかが問題ですよね。(手元に引き出せるか)

 

ちなみに、金地金の引出しの手順としては、

 

●x-walletアプリで予約
(引出す量と日時の指定)

●予定日時に店頭で受取り

(エクスチェンジャーズ丸の内店にて)

 

という感じです。

 

実際の予約の画面はこんな感じ。

100グラム以上で引き出せます。

 

(注意点としては1000グラム未満だとバーチャージが18000円+1800円(税)の合計19800円がかかるので、この分の現金もしくはXJPYを引き出す際には忘れずに持っていないといけません。)

 

あとは予約内容を確認します。

確認のメールも届きます。

あとは予約日にエクスチェンジャーズさんの丸の内店に行けばOKです。

 

というワケで予約の日時(3/8の11時)に行ってきました。

(丸の内店)

相変わらず為替レート表示がなんかそそる。

予約時間の少し前に店内に入り、店員さんに

 

「金100gバーの引出しに来ました」

 

と伝えると、以下のような取引時確認書というのを渡されるので記入します。

取引時確認書)

確認書を書いたあとは店員さんの指示に従ってx-wallet内のXGLDを送信します。

(ほんの数秒)

あとはバーチャージの支払いも行います。

(19800円)

これが完了すると、、、

(この時は日本マテリアル社製でした)

本当に出たー!!(笑)

 

(ほほをつねっても痛いし、夢ではありません)

 

当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、本当にデジタルデータが金に交換できた瞬間です。

 

これって本当に凄いことで、

まさに「現代版金本位制度」じゃないでしょうか。

 

しかも、日本の一企業が世界中の通貨をステーブルコインとして発行し、

 

その中で扱われているXGLDという電子データは金本位制度の兌換券と同じ働きをしている。。。

 

兌換券というのは簡単に言うと

 

「金と交換できる券」

 

です。

 

ちょっとここで、

お金の理解を深める為にお金の歴史を振り返ってみましょう。

 

(超ザックリなので間違ってたらすみませんm(__)m)

 

かつてお金ができる(発明される)前は物々交換でした。

 

【魚釣りが得意な人】:魚を持ってる

【狩りが得意な人】:肉を持ってる

【農耕が得意な人】:農作物を持ってる

 

色々な人が生きていく上で必要なものを、

モノとモノで直接、物々交換するような世の中。

しかし、食べ物だと腐りますしせっかく自分が生み出した価値や得た価値というのは時間と共に失われてしまいます。

 

(価値の保存ができない状態と言える)

 

また、お互いが欲しいものが一致しなければ物々交換も成立しないので、結構不便だったと思います。

 

(価値の交換が不自由な状態と言える)

 

そこで生まれたのが「貨幣」、お金です。

(Wikipediaより引用)

 

お金は最初のうちはキレイな貝殻だったりした時期もあるようですが、

 

  • 腐食しない(錆びない)
  • 美しい
  • 稀少金属

 

という、金や銀などの貴金属を人類は貨幣として使うようになっていきます。

(世界最古の金貨、リディア王国の金貨)

 

そしてお金が発明されたことによって、

 

  • 価値の表示
  • 価値の保存
  • 価値の交換

 

が容易になったのです。(大発明)

 

例えば、

 

  • 牛1頭:金貨10枚
  • 魚10キロ:金貨1枚
  • 米は100キロ:金貨1枚

 

とか価値の表示もできるようになりましたし、

 

お金ができたことによって保存がきかなかった食べ物や労働を、

 

「お金という形で保存」

できるようになりました。

 

かつて魚をいっぱい取り過ぎてしまった人も魚のまま持っていたら価値は0になってしまったのが

 

お金に替えておけば腐ることなく、必要なものに交換することができるようになりました。(価値の交換もスムーズになり商取引も活発になりました)

 

そして、

人類ってめちゃくちゃ面白くて更に「お金」を進化させます。

 

金を大量に持つのは重いですし、ある意味リスクもあります。

 

そこでユダヤ人が「銀行」や「兌換券」という面白い仕組みを考えました。

 

銀行では「金」を安全に預かってくれて、銀行に持って行けばいつでも「金」と引き換えられる「兌換券」という紙を渡すような仕組みを作ったのです。

 

兌換券:金と交換できる券

 

兌換券を銀行に持って行けば金と交換できますので、人々は

 

「兌換券は金と同じ価値を持つ」

 

と認識するようになり、

 

兌換券自体(紙)が金と同様の価値をもって扱われる(商取引に使用される)ようになったのです。

 

当時は当然、銀行には発行された兌換券と同等の「金」が担保として存在し保管されていました。

(当時のバーはこんなんじゃないケド)

このような仕組みを「金本位制度」と言います。

 

そして、更にお金は進化しまして、皆さんもご存知の通り

 

「管理通貨制度」

 

という制度になっており、通貨発行機関(政府や中央銀行)が最適と思われる通貨量を決めて管理・調節することになっています。

 

もう銀行に「金」という担保があるワケではないのです。

 

この管理通貨制度では原則的にいくらでも通貨を発行できる仕組みですし、

(Wikipediaより引用)

中央銀行って民間企業だったりしますし、、、

それって一部の人間に都合よくコントロールされてい・・・。

 

とまぁ、それはさておき。

 

上のWikipediaでも書かれているようにいくらでも担保無く発行できてしまうのが現在の貨幣制度。

 

昨今、

新型コロナの経済対策ということで未だかつてないスピードでお金は刷り続けられ、

とんでもない量の紙が溢れていますし、その行き場を探す不気味な動きを感じている方も多いのではないでしょうか。

 

これって、

数十年とか”事後”の世界から見たら、

 

「破綻するのは当たり前」

 

の仕組みであると言われても全然おかしくないですし、

 

今人類は

 

「お金の在り方」

「価値の捉え方」

 

が問われている大事な転換点であるのかもしれません。

 

  • このままの貨幣システムで突っ走るのか
  • 別の仕組みを取り入れお金のあり方を進化させるのか

 

どちらにせよ、個人的には大きな変化がいずれ訪れるのではないかなと思っています。

 

まぁ、予想が外れたとしても予想通りだとしても、

 

どちらでも大丈夫なように準備しておくことが大切だと思っています。

 

と、、「XGLD⇒金の引出し」からめちゃくちゃ脱線しましたが、

 

これって金本位制度じゃん!!

 

ってことです(笑)

 

兌換券にあたるのがxcoinであるワケで、

実際に担保を持ちながらブロックチェーン技術で紐づけつつ、更には金融庁もお墨付きの安心状態という(笑)

 

しかも、現代版兌換券(xcoin)は現在は金しか交換できませんが、ゆくゆくは

 

  • プラチナ
  • 石油
  • ダイヤモンド
  • etc

 

などなど様々な実物資産と交換できるようになりそうですし、交換できるだけでなく手軽に実物資産を保有できるような総合金融金融プラットフォームを構築することを目的としています。

 

手元のアプリで手軽に実物資産を購入できるというのは本当に革命だと思いますし、

 

個人的には「銀が買える」というのは地味に凄いです。

 

かねてから金ちゃんは「金や銀は良いよ」を随分前から発信してきておりましたが、

 

銀についての過去記事

 

現在「銀」ってめちゃくちゃ入手困難なの知ってますでしょうか?

 

大体、銀のバーとかってちゃんとした店では売切れていて買うことができないのです。

(ヤフオクなどでは怪しい品が2倍以上の高値で売買)

なのに、x-walletでは銀をその時の相場でかつ、グラム単位で買えてしまいます(笑)

 

ちゃんとその日のレートで、しかもグラム単位で銀が買えてしまう。

 

これって地味に凄いです(笑)

 

とりあえず、金ちゃんも7000グラム(7キロ)ほど銀を購入してみました。

(7271XSLV保有)

そのうちXSLVも銀の地金交換ができるようになると思いますし、そうしたら10キロにして引き出してみようかなと思います。

 

あとは、個人的にイラクディナールとかも面白いと思うので673,302イラクディナール保有してます(笑)

 

(数万円分ですが、ちょっとお金持ちになった気分w)

 

こうやって世界中の通貨へも簡単に価値を交換できますし面白いです。

 

さて、金も無事に引き出せたということで、x-coinの別の使い方もご紹介したいと思います。

ラーメン代の支払いをXJPYでしてみた。

これまで、x-walletに日本円を入金し金の地金を買ってみたりしましたが、それ以外に何ができるかと言えば、

 

ラーメンが食べられます!!

 

はい。

 

株式会社エクスチェンジャーズの社長の竹田恒泰さんはラーメン屋さんも経営しており、そこでの支払いにXJPYが使えるというワケです。

 

というワケで実際にラーメンを食べ&XJPYを使うために行って参りました。

 

お店は東京の虎ノ門にありまして、

 

住所は

東京都 港区 西新橋 1-20-11 安藤ビル 1F(Googleマップ

 

アクセス的には

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅(1番出口)から徒歩3分
都営三田線「内幸町」駅(A3出口)から徒歩4分

 

という感じです。

 

金ちゃんは車で行って店の前のパーキングに停めました。

(60分以内300円)

お店の名前は

 

「利尻昆布ラーメン くろおび」

と言います。

 

お店の戸にはちゃんとxcoin使えますの文字も

(xcoin使えます)

ちなみにこのラーメンはかなりこだわりのラーメンでして、

 

「美味しいのに子供でも安心して食べられるラーメンが作れないか」

 

ということを出発点としてラーメンを作り始めたそうです。

 

確かに、美味しいラーメンってたくさんありますけど、体に安心なものでできているかは謎ですよね。

 

というか、大体ラーメンとか作り手はお客の健康なんぞ考えずに化学調味料もガンガン入れるのが普通でしょうし、

 

商売を成立させる為には化学調味料を使って低コストで美味しいラーメンを作っているのがほとんどだと思います。

 

しかし、竹田恒泰さんは、

 

「子供でも安心して食べれるラーメンはできないか?」

「化学調味料を一切使わないで美味しいラーメンはできないか?」

 

ということで研究し、生まれたのが利尻昆布ラーメンだそうです。

 

誕生までのストーリーはコチラ

 

ちなみに、

ラーメンを作るにあたって「旨味成分」を徹底的に調べたそうですが、調べた結果

 

「旨味成分は乾燥昆布表面に現れる白い成分とほぼ同じ」

 

ということを発見し、

であれば最高級・利尻昆布を贅沢に使って化学調味料を一切使わずに天然の素材だけでこだわって作ったのが

 

「利尻昆布ラーメン」

 

です。

 

金ちゃんは平日の昼にお店におじゃましましたが、

 

行列もできてましたし、結構繁盛してました。

待っている間にお品書きを見て何を注文するか考えます。

(お品書き)

そして注文したメニューはコチラ。

 

くろおびラーメン、醤油と塩。(子供用の取り皿も用意してくれました)

(各1100円)

チャーシュー丼。

(350円)

炊き込みご飯(小)。

(300円)

利尻島産焼き昆布。(そのまま食べても、ラーメンに入れてもOK。日本酒と合うらしい。)

(2枚500円)

店内はとてもキレイですし、どのメニューも美味しかったです。

 

あと、化学調味料を不使用&素材にこだわっているので優しい味ではあるのですが、

 

単純に薄いとか味がぼやけているのではなく、しっかりと旨味を感じられるラーメンで妻も子供も美味しかったと満足な様子でした(笑)

 

あとは食事と一緒に出される「うぶすな茶」というお茶が何とも言えない良い味で感動しました(笑)(語彙力無さすぎw)

 

ラーメンに合うだけでなく「うぶすな茶」は、

 

  • 国産無農薬の原料24種類を使用
  • アレルギー27品目不使用
  • カフェイン0

 

で、ちょっと原料を見るだけでも相当体にも良さそうな感じです。

(24種類の原料)

詳しく知りたい方は以下の動画をご覧頂くといいと思います。

 

“うぶすな茶”ができるまで~その1、整える。

https://youtu.be/yR9FkdI4e_4

“うぶすな茶”ができるまで~その2、調合。

https://youtu.be/LXZGVRXNX_I

“うぶすな茶”ができるまで~その3、混ぜる・計量。

https://youtu.be/2e4PwLVmKag

 

あと、めちゃくちゃ脱線しましたが、肝心のxcoinの決済です(笑)

xcoinでの決済方法。

ラーメンを食べ終わったら店員さんに、

 

「xcoinで支払います」

 

と伝えて、あとは自身のx-walletを起動させておきます。

 

あとは店員さんにお代のXJPYを送金すれば終了です。

数秒で、支払い完了です。

ちなみに、

これってクレジットカードのように数パーセントの決済手数料もかかりませんし、

 

クレジットカードのように入金までのタイムラグが1ヶ月とかそれ以上発生することもありません。(利益率も向上させつつ即時利益を受取れます。)

 

今後認知が更に高まれば様々な業種の決済手段として導入されていく可能性があるのではないかと思います。

 

(ポンタカードとの提携もしているので今後利用できる店舗が増えていくのではないかなと)

さいごに。

今回、暗号通貨を普段の生活の中の決済として初めて使用してみて非常に面白かったです。

 

(ちょっとした未来を体験しているようでw)

 

そして暗号通貨と言っても日本円と全く同価値のXJPYというステーブルコインを利用しているので、暗号通貨特有の急激な価格変動に怯えることもありませんでした。

 

今後、世の中のキャッシュレス化が進んでいくことは間違いありません。

その上で国内企業が非常に大きなポテンシャルを秘めた

 

「金融プラットフォームを展開し始めた」

 

ところです。

 

世の中では我々の見えないところで非常にドロドロした戦いが繰り広げられておりますが、

 

その最後の戦いとも言われているのが通貨戦争であり、通貨の仕組み、覇権を握ることが強大な力を持つことと同意となります。

 

現在は通貨の仕組みはアメリカが完全に牛耳っています。

 

例えば、石油も金も小麦もみんなドル建て決済ですし、

海外送金する際にも基本的にアメリカを経由するような仕組みとなっています。

何を買うにも一旦ドルを買わないといけない(両替しないといけない)です。

 

しかも他国が用意したプラットフォーム(仕組み)を活用するということは本当にありとあらゆる情報を握られているに等しい状態です。

 

日本の個人、政治家、有名人など誰が何をいつ買ったのか、どんなものが好きなのか、どんなやり取りをしているのか、アメリカや中国などは完全に把握していますし、

 

その情報を元にまぁ色々できちゃいそうですよね。。。

 

最近は色々な国の決済方法、SNS、コミュニケーションツールなど出てきていますが、もし日本以外のプラットフォームを利用するのであればちょっと意識して使いわけるくらいのリテラシーが無いと将来痛い目に遭うかもしれません。

 

金ちゃんの周りの起業家や投資家などは、

 

あまりLINEとか情報が駄々洩れのツールはビジネスで使わない人が多いですし、

 

  • セキュリティの高いサービス
  • 国産のサービス

 

をこだわって使う人が多いです。

 

というワケで、x-walletを使うということには大きな意義もありますし、

 

xcoinが今後更に発展して世界の金融プラットフォームとして浸透していけば日本にとっても明るいニュースであり面白い展開かなと思います。

 

非常に面白いサービスであり、

同時に使い方次第で多くの利用価値が期待できるので今後も上手く活用しつつ個人的に応援していければと思います。

 

以上、さいごまでお読み頂きありがとうございました。