Pocket

あけましておめでとうございます。

 

年末年始休暇はゆっくりと過ごせたでしょうか。

 

わたしは海外に行ったり、

 

子供が体調を崩して病院を何度も往復したりと

 

何かと動き回る毎日を過ごしていました(苦笑)

 

というワケで金ちゃんです。

本年もよろしくお願い致します。m(_ _)m

 

と、年始のご挨拶もそこそこに、

 

今年も参りましょう!!

2017年、2018年の仮想通貨市場について

さて、2018年も終わり、新たな年のスタートとなりました。

 

2017年、2018年は良くも悪くも仮想通貨に盛り上がり、

 

大儲けした方、

 

大損した方、

 

塩漬けで身動きが取れなくなっている方、

 

ICOに参加し過ぎてICO貧乏になられた方、

 

などなど、たくさんおられるかと思います。

 

金ちゃんは仮想通貨市場が最高潮に盛り上がった2017年の年末には、

 

利益確定しといた方がいいよ。(金とか現物とか)

 

仮想通貨や投資の素人は、これから痛い目を見るかもしれないから気をつけてね。

 

という内容の発信を口酸っぱくしていたワケですが。(私は金などで利益確定を度々しておりました)

(参考)2017年末の仮想通貨の注意に関する記事

 

2018年は多くの人が負ける相場になることも予測していましたし、

 

そして、取引所のリスクについても2017年末時点で実はマーカーで強調していました(笑)

 

 

こちらの記事では、ガチホ!ガチホと世間が狂ったように盛り上がる一方で、

 

ガチホってヤバイですよ。と警告しています。

(参考)2018年元旦の投稿

 

 

コチラの記事でも利益確定をしていますし、結構頻繁に利益確定しています。

(参考)2017年末の仮想通貨利益確定の記事

 

そして、残念ながら注意してほしいと言っていたことが直後の2018年の初めに起こってしまい、

 

2018年は多くの方が仮想通貨で痛い目にあったのではないでしょうか?

 

投資でもビジネスでも同じですが、

 

「大衆と同じことをしていたら負けます」

 

大衆の動きというのは、メディアを使って巧妙に扇動されます。

 

踊らされて得をすることというのは、残念ながらほとんどありません。

 

投資やビジネスにおいて、

 

少数派(マイノリティ)でいるということが実は非常に重要です。

 

過去に金ちゃんが仮想通貨を誰も知らないような時期に、

 

仮想通貨の持つ可能性に魅力を感じ、資産運用におけるポートフォリオの一部に採用しました。

 

そして、仮想通貨は有事の際にも資産を移動したり、守ったりと有用な手段であると思い、

 

本当に初期の段階から複数の口座開設やウォレットを持ちましたし、

 

将来の備えとしてリップルを給料の一定割合で購入していましたし、ADAも結構購入しました。

 

この時もめちゃくちゃ少数派でした(笑)

 

しかし、理解してくれる方や身近な友達や同僚には仮想通貨の購入のお手伝いなんかも無償でしました。

 

資産運用や将来の備えとして、必要がある。

 

仮想通貨は近い将来時代が追いついてくれば高い確率でくる。

 

と確信していたから、マイノリティでも行動したんですね。

将来の備えについて

じゃあ、これからの将来で何が必要なの?って感じですよね。

 

誰もが見られるインターネットでは全てを公開することはできませんが、

 

今、必要な備えのひとつとして海外口座の開設があげられる思います。

 

将来、日本がどうなるのかはわかりません。

 

むしろ、日本に明るい未来が無いことは薄々、、

 

いや、、、ひしひしと感じているのではないでしょうか?

 

何かとんでもないことが起きるとすれば、それは必ず突然です。

 

事前に大暴落することや、大変なことが起きる時に国やマスコミは教えてくれません。

 

まぁ。当たり前ですが、

 

準備をする時間など与えてくれないのです。

 

だから、今から自分や家族を守るためにも、生きるためにも、

 

将来の備え、リスクへの対策というものが必要だと思います。

 

そして、今どんどん日本からのお金の持ち出しや海外への資産の移動などがし辛くなっています。

 

それはそうですよね。

 

国は有事の際、必ずみなさんの資産をあてにしているのですから。

 

税金もどんどん罰ゲームのように様々なものに課税され、

 

日本人は生きているだけでどんどん資産を搾取されていくことは残念ながら間違いありません。

 

海外口座開設もマイナンバーなどを必要とせずできるのであれば、

 

できるうちにしておくことをおすすめします。

 

そうそう。

 

最近ではもう忘れてしまった方、もしくは知らない方も多いと思いますが、、、

 

ネバダレポートってご存知ですか?

ネバダレポートとは?

詳細はご自身でお調べして頂くこととして、触りの部分だけちょっとご紹介しますね。

 

ネバダレポートとは、国際通貨基金(IMF)か、近辺から出てきた?といわれる、

 

日本の再建計画シナリオ。

つまり、日本が財政破綻などをした際に行われるかもしれない施策に関するレポートです。

 

しかも出処は国際通貨基金(IMF)かそれに近い筋とのことです。(真偽は明らかではありません。)

 

出処が曖昧なのでかなりマユツバではあるワケです。

 

なんだ金ちゃん信憑性ないな!(読者様の声)

 

はい。確かに信憑性はないのかもしれません。

 

しかし、実は2002年国会でも答弁されており、確か予算委員会でも話があがりました。

 

内容的にも出処的にも確かな部分があるからこそ国会でも答弁されたと思いますし、

 

それは事実です。

 

そして施策を実行しなければ日本は破産するだろうと多くの意見が上がりました。

 

ネバダレポートの日本の再建計画概要としては、

 

  • 公務員の総数、給料は30%以上カット、及びボーナスは例外なくすべてカット
  • 公務員の退職金は100%すべてカット
  • 年金は一律30%カット
  • 国債の利払いは5~10年間停止
  • 消費税を20%に引き上げる
  • 課税最低限を引き下げ、年収100万円以上から徴税を行う
  • 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債券・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税
  • 預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する

 

サラリと、預金についても「預金額を30%~40%財産税として没収する」とか書かれてますし(苦笑)

 

なかなか厳しい内容ですが、まぁ日本の財政を再建するにはこれくらいは妥当なのかもしれません。

 

そして、結構リアルですし真偽は別としても、

 

このくらいは想定しておいて損はないかと思います。

 

投資をしている方なら感覚的にも、経験的にもわかると思いますが、

 

「過去最悪」は簡単に更新します。

 

100年に1度の大暴落とか、10年に一度の大暴落とかはしょっちゅう起きますし、

 

むしろ、史上最悪の更新!なんてこともよくあることです。

 

そういうことが起こった時の為に準備はしていますか?

 

投資でも人生でもそうだと思いますが、大負けしないリスク管理や備えをしておくということが非常に大切です。

 

どんどん海外口座の開設や海外への資金移動は厳しくなっています。

 

資産の把握や監視の目も厳しくなっていくトレンドというのはもはや止まらないでしょう。

 

数年後にはもしかしたら、海外口座の開設などは厳しく規制されているかもしれませんし、

 

必ずマイナンバーの提出は必須となるでしょう。

 

仮想通貨の出口(利益確定)というのもかなり限定されるのかもしれません。

 

前置きが非常に長くなりましたが、

 

だから今、可能なうちに仮想通貨と銀行口座、そして世界中で出金が可能なデビットカードが一緒になったものを手に入れませんか?

 

(もし、ブックメーカーをやっている方であればその利益を海外口座で受け取ることも可能かもしれません。(ブックメーカーの出金は未確認です))

 

というお話です。

 

もちろん、これは「体当たり企画」であり、金ちゃんは口座開設していますが、

 

ここから先は自己責任、ご自身の判断でお願い致します。

 

厳しい言い方とはなりますが、

 

今回ご紹介する案件自体が詐欺であるかもしれませんし、

 

何かあっても責任は一切とれません。

 

それでも、金ちゃんが自腹切って口座開設したものが知りたい!

 

とか、

 

仮想通貨の利益確定(法定通貨への換金、日本のATMでの出金)

 

 

海外の銀行口座開設(日本にいながら)

 

などに興味がある方は以下のフォームに登録頂ければと思います。

 

【海外口座開設&デビットカード発行について詳しく知る】

 

ちなみに、現在は口座開設費用と同額の取引所通貨ももらえる期間のようで、

 

今月中(1月中)であれば、口座開設すると取引所の取引所通貨(トークン)が付与されるようなので

 

口座開設をお考えの方は早めに行動されることをおすすめします。

 

【海外口座開設&デビットカード発行について詳しく知る】

 

以上、さいごまでお読み頂きありがとうございました。