Pocket

お疲れさまでございます。

 

みなさま、お盆休みは満喫されていますでしょうか?

 

金ちゃんは、お盆はどこも混むので結構出かけたりするのは控えて、

 

ある意味普段よりも閉じこもった生活をしているかもしれません。

 

そんなこんなで近所のカフェよりお届けさせて頂きます。

 

唐突ですが、

 

実は最近、アンティークコインにハマっております。

というか、正確に言うと

 

まぁ小学生の頃から金貨であるとか、アンティークコイン、宝石、希少性の高い時計などが好きでコレクションしていたので、

 

再燃したと言ったほうが正しいかもしれません。

 

それで当時、金なんてグラム1,000~1,500円とかの時代でしたし、(金は2019年8月現在5500円ほど)

 

金を始め時計や金貨など子供の頃に集めていたモノが何倍~数十倍とかに値上がりしています。

 

子供ながら、意外に投資の本質をとらえた良い投資先を選択していたなぁと思います(笑)

 

というワケで金ちゃんです。

最近よく経営者の方であるとか、読者様とお話しをさせて頂くのですが、

 

・そもそも良い投資案件が無い。

 

とか、

 

・どのような配分、計画で投資していけば良いのかわからない。

 

というお話しをよく聞きます。

 

はい。よくわかります。

 

学校では投資のしかたなんて教えてくれませんし、

 

そもそも、普段耳にするおいしい話ってほぼ詐欺ですもんね(苦笑)

 

ただまぁ、そんなお悩みを聞いた時はとりあえず、

 

金ちゃんが自分で実践している方法であったり、

 

実績を出している案件をご紹介したりもしておりますが、、、

 

ちょっと待ってください!!

 

投資におけるかなり重要な部分をスルーというか、

 

知らないまま放置

 

しているという方が非常に多いです。

 

金ちゃんが思うに、

 

投資におけるかなり重要な部分というのは、

 

  • 投資案件の利益確定(出口の確保)
  • 資産防衛の方法

 

であると思います。

 

上記の2つをおろそかにすると、どのようなデメリットがあるかと言うと、

 

  • 投資したものの現金化ができずに実質、全損の状態になる
  • 投資したもの現金化に時間がかかり運用効率が低くなる
  • 投資で儲かったもののそれを安全に守る方法がわからず不安
  • 利益確定をしないから、本当の意味で「資産形成」ができない
  • 安全資産に投資していないから、大きく資産を減らすことがある
  • 現金(預金)などはインフレで価値が目減りしていく
  • 預金などは将来、課税対象になり得る
  • 預金などは将来、預金封鎖されるかもしれない

 

などなど、あげればキリがありませんが、上記のような感じでしょうか。

 

せっかく、資産を増やそうとして投資しているワケですし、

 

そもそもの目標というか、ゴールを見失ってはいないでしょうか?

 

だから、

 

  • 投資案件の利益確定(出口の確保)
  • 資産防衛の方法

 

というのは最低限の知識は得なければいけませんし、

 

知っただけではなく、実践しないといけないと言うことです。

 

投資で失敗している方は、おそらく多かれ少なかれ、

 

上記2つのポイントをおろそかにしていた部分があるのではないでしょうか?

 

身に覚えはありませんか?

 

そして、逆にきちんとツボさえ押さえれば、簡単に資産は増えていくので、

 

そこら辺を今回は学んでいければと思います。

 

それでは参りましょう。

投資との向き合い方とバフェットのバリュー投資

今回は世界で一番成功していると言っても過言ではない、

 

ウォーレン・バフェットさん。

そんな彼の投資手法である、

 

「バリュー投資」

 

をご存知でしょうか?

 

バリュー投資とは、

SMBC日興証券より引用

 

まぁ、簡単に言うと、

 

「実際の企業の価値に対して安いでしょ!」

 

っていう銘柄に投資をして放置します。

 

あとは適正な価値が付いたところで売れば儲かるよね。

 

っていう投資手法です。

 

何かそんなの聞いただけだと、

 

なんじゃそりゃ?

 

って言うような投資手法ですが、コレが世界で一番?儲けている男であるバフェットさんの投資手法です。

 

銘柄選定はもちろん慎重に行いますが、数秒の購入操作を終えた後は、

 

「基本的に放置」

 

ですので、かなり楽です。

 

ぶっちゃけ、値動きもほとんど気にしなくて良いというのがバリュー投資です。

 

ココでちょっと余談ですが、

 

投資家において大きな財を成した人というのは結局、

 

「株式」

「不動産」

「実物資産」

 

をうまく活用して資産形成しているのはご存知でしょうか。

 

一方で、この世の中には一般人を騙すためにわざとわかりづらく、複雑化された

 

ワケのわからない詐欺的な投資案件が溢れています。

 

そのような案件で大きな財を成すというのは非常に難しいのが現実です。

 

上場されている株式を証券会社で購入するのであれば

 

詐欺に遭う可能性などほぼ皆無なワケです。

 

そして成功者の多くが「株」や「不動産」、「実物資産」などで資産形成をしているという事実。

 

しかしどうしても一般大衆は成功確率の高い「王道」ではなく、

 

専業の投資家が避けるであろうよくわからない投資案件

 

に目がいき、心踊ってしまいガチです。

 

もちろん投資をするにあたり、株や不動産以外のジャンルを選択しても全然問題ないと思います。

 

ただし!!

 

そこで本当に儲けているのは超少数であるということを理解して、

 

最低限、相当な勉強はしないといけませんし、

 

膨大な検証作業も必要になるワケです。

 

そこは目を背けてはいけないと言うことです。

 

とまぁ、そんなコト言ってる金ちゃんも株についてこれまで本気で勉強はしてきませんでしたが、

 

基礎であるとか、原理原則はある程度理解してきたつもりです。

 

そして現在も色々と検証したり、実践しております。

 

はい。

 

かなり脱線しましたが、我々もまずは

 

「王道」

 

を知った上で、

 

少しずつでもソコを目指したいとは思いませんか?

 

そして「株」は少額からでも始められます。

 

というワケで今回はバリュー投資についてちょっと深堀りしていこうと思います。

バリュー投資の手法とは?

バフェットさんのバリュー投資は非常にシンプルです。

 

以下のルールに則り、株式投資していけば多くの人がそこまで労せずに上手に資産形成していけると思います。

 

そのルールとは。

 

  • 良いビジネスモデルの企業を買う
  • リーズナブルな価格で買う

 

シンプルに言うとコレだけです。

 

ただ、コレだけではわからないと思うので、もう少し詳しく説明させて頂きます。

良いビジネスモデルの企業を買うとは?

まず1点目としては、

 

■独占型の企業を買う

 

ということです。

 

独自の技術、他を寄せ付けないブランド力があるなど、代替できないようなコンテンツや価値を提供している企業に投資するということです。

 

このルールを守ることにより、競合の企業によって事業に対してマイナス影響を与えられるリスクが減ります。

 

結果、高い利益率を事業が維持することが可能になることが考えられます。

 

また、世の中に絶対に必要なもの

 

を提供している企業であれば、

 

経済危機が訪れた際にも世の中から需要は亡くなったので倒産する可能性は低いですし、

 

おそらく企業的にも、株価的にも不死鳥のごとく立ち上がってくるワケです。

2点目は、

 

■高い利益率を安定して継続、更には向上させていくであろう企業を買う

 

ということです。

 

具体的にはROE(自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合)などの値を見れば良いと思います。

 

あ~!!ROEって何?

 

もう無理チーン。。。

 

となる方も多いかと思いますが、

 

単純にROEっていう数値があって、重要なのね。

 

っていうくらいの理解で問題ありません。

 

基本的にはバリュー投資というのは長期投資ですし、

 

事業が安定して継続しているかを見る必要があります。

 

ただ、具体的にどのくらいの期間を見る必要があるのかと言われれば、

 

最低でも10年

 

くらいは見たほうが良いと思います。

 

なぜなら、

 

7~10年に一度くらいは経済危機が訪れるからです。

 

経済危機の時にどのように売上が推移したのか?

 

株価はどうなったのか?

 

どのくらいで立ち直したのか?

 

などを見る為です。

 

今後間違いなく来るであろう経済危機が来た際に、

 

自分が投資した企業は本当に踏ん張れるのか?

 

どのくらいで立ち直せるのか?

 

ソコを分析し、未来を見据えないといけないです。

 

また、高い利益率を出すことができる企業であれば、

 

株価もすぐに元に戻ってくることが予想されます。

 

そして、次にリーズナブルな価格で買うということはどのような意味でしょうか。

リーズナブルな価格で買う

リーズナブルな価格で買うということは、

 

上でも説明したように、

 

■独占型の企業を買う

■高い利益率を安定して継続、更には向上させていくであろう企業を買う

 

■上記2つの条件を踏まえた上で、経済危機直後の割安な時に購入する

 

ということです。

 

コレは本当にめちゃくちゃ重要です。

 

一般大衆って経済危機の時とかには大体、新聞やテレビなんかに踊らされて、

 

暴落ヤバい!!

 

投資めちゃくちゃ恐い!!

とか、思いっきり本能に支配されて、

 

正しい判断が一切できなくなってしまいます。

 

一方で、儲けているトレーダーというのは、

 

本能や人間の習性というのを理解した上で律し、その場その場で正しいであろう判断を下せる人種です。

 

ある意味、暴落で理性を失った動物達を狩っていくのがトレーダーであり、勝つ人種でもあります。

 

暴落時でも、事前に正しい知識を付けていれば、そして準備していれば行動できるワケです。

 

具体的には、

 

BPS(一株あたりの純資産)

 

などの値を追いかけるとわかりやすいかと思います。

 

でた!また英語の数値!!

 

って感じですが、ココでも拒否反応を起こさずに、

 

BPSっていう値が重要なのね。

 

って思っておけばOKです(笑)

 

一応、ここまで出てきた英語の用語をまとめておくと、

 

  • ROE(自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合)
  • BPS(一株あたりの純資産)

 

だけです。

 

正直コレを押さえるだけでもなかなか負けづらい状態になってきます。

 

(ちょっと自分で調べてみたり、他にも気になることがあればどんどん調べて研究していけば良いと思います。)

 

2020年代中頃とか、近い将来アメリカ株のバブルが弾けるであったり、

 

なんらかの経済危機が必ず訪れます。

ですから、事前に企業の本質的な価値(バリュー)を見極めておいて、

 

いざ大暴落が来たのであれば、その時に投資ができるようにお金を準備しておかないといけません。

 

ある意味、今株式投資をしていないのであれば、

 

これから最高のバーゲンセールならぬ、

 

最高の買い場が訪れることは確実。

 

とも言えるので、ラッキーとも言えます。

 

金ちゃんもリーマン・ショックの時にはサラリーマン1年目位でしたが、

 

なんとか数百万円くらいをひねり出して、

 

日本が壊滅しない限り事業が残るであろう企業の株を全力買いした思い出があります。

 

まぁ、そうするとあとは放置しておくだけで、数年とかで株価が元通りになったりしたので、

 

数百万円が数千万円になったりしたワケです。

 

数年はかかるのですが、購入自体の労力は数分。
(調査は数日くらいはかけましたが)

 

されどリターンは数倍というのがバリュー投資の凄いところであり、

 

ガチガチに堅いバフェットの得意技

 

なワケです。

 

「まぁ、何となく分かったわ。」

 

「でも企業の調査とか、銘柄選定わかんない。てか面倒。」

 

という方も多いと思います。

 

そういう方には、本当は自分の手足で企業のデータを調べて頂きたいのですが、

 

せっかく金ちゃんなんぞのブログを読んで頂いているワケですし、

 

私のブログを読んでいる時点で、多少なりとも投資で人生を豊かにしたいという方がほとんどだと思います。

 

であれば、今回の記事を読んでも何も行動しないのは、

 

私としても悲しいですし、何よりチャンスを逃してほしくないので、

 

ちょっとだけでも調べる上でのヒントのようなものをご紹介したいと思います。

 

(2019年8月時点で有望?と思えるアメリカ株、日本株を例にご紹介します)

 

倒産する可能性が少ない企業の例としては、

  • Disney
  • Nike
  • カルビー

とかは、例えばなかなか無くならない気がしますよね。

 

他にも、独自の分野で活躍している企業としては、

  • IPAY
  • USANA
  • PILOT
  • オカモト株式会社

など、独自の強みがありそうですよね。

 

もちろん、上記の企業が全て最高!!というワケではありませんが、

 

例えばこのような企業を切り口に調べていくのも良いと思います。

 

そして、調べる際には、

 

  • ROE
  • BPS

 

などのモノサシを是非活用して分析してみてくださいませ。

 

また、

 

「そんなことすら面倒くさい!!」

 

「時間が無い!!」

 

というお方。。。

 

そんな方は、

 

バフェットさんにそもそも運用をお願いする!!

 

という方法も実はあったりします(笑)

 

そうです。

 

バフェットさんの投資会社である、

 

バークシャー・ハサウェイに投資する

 

という方法ですね。

 

意外に知られていませんが、日本にいながらも、

 

例えば、マネックス証券さんであれば確かバークシャー・ハサウェイに投資できたはずです(笑)

 

(↑金ちゃんは投資していませんので、気になる方はご自身でご確認くださいませ。)

 

ただ、金ちゃん的にはバークシャー・ハサウェイへの投資はオススメ致しません。

 

なぜかと言えば、、、

御年88歳。。。

 

う~ん。まぁ言い辛いですが、結構お年をめしているワケですし、

 

近い将来・・・・なワケです。

 

もし仮に、バフェットさんが亡くなった場合ですが、

 

もしそうなればバークシャー・ハサウェイの株価大変なことになりそうですよね?

 

絶対はありませんが、めちゃくちゃリスクがあるのは確かなのです。

 

あまりにもバフェットさんの実力・影響力があり過ぎるからこそのリスクでもあります。

 

そうか~残念~。

 

と思ったあなた。今回はまだまだ終わりません。

バフェットさんの投資している銘柄、購入時期、購入量など詳細な情報を知る方法

コレは結構エゲツない情報です。

 

というのも、上に書いた通り、

 

バフェットさんの

  • 投資銘柄
  • 増資した銘柄
  • 新しく購入した銘柄
  • 購入時期
  • 購入量
  • 売却銘柄
  • 売却量
  • 現在の運用益などの情報

などなどを見る方法があります。

 

以下ご覧ください。

https://www.gurufocus.com/guru/warren+buffett/stock-picks

 

バフェットさんのポートフォリオ丸わかりです(笑)

 

https://www.gurufocus.com/guru/warren+buffett/stock-picks

 

上の情報を見れば、リアルタイムではないものの、どの銘柄を保有しているか?

 

何の銘柄を買い足しているか?(Add)

 

何の銘柄を売ったのか?(Sold out)

 

何の銘柄を新しく買ったのか?(New Buy)

 

などなど、結構な詳細情報が分かってしまうワケです(笑)

 

(※最新の情報を知りたければ有料で知ることもできます)

 

上記のHPにいってみればわかりますが、新しく買った銘柄や増資した銘柄だけをソートして、

 

もし、バフェットさんが買った価格よりも現在価格が低いのであれば、

 

その銘柄を買うことによってバフェットさんより安く、

 

有利にポジションを持つことがいとも簡単にできます。

 

しっかり研究すれば正直バフェットさんと近いパフォーマンスを上げることも可能だと思います。

 

さて、バフェットさんのバリュー投資についてはコレくらいで、

 

みなさんお腹いっぱいになるくらい研究材料を提供できたかな?

 

と思いますので、つづいて参りましょう。

資産形成のツボとは?

今回の記事のタイトルにもありますが、資産形成のツボというのを金ちゃんなりにちょっと噛み砕いてご説明できればと思います。

 

メルマガなどでも最初にお伝えしておりますが、

 

  • 現在の資産状況を把握すること
  • 収入を把握すること
  • 支出を把握すること

 

コレは資産運用を行う上で絶対に必要になる最初の土台となる部分です。

 

最低限、上に書かれている項目は把握しなければなりませんし、

 

把握した上で、管理して目標達成の為の具体的行動に移していかねばなりません。

 

それで、投資なりビジネスなりで儲けていくワケですが、

 

儲けた後、必ず行わなければならないのは、

 

利益確定です。

 

いくら、預金通帳の数字が増えても、

 

いくらタンス預金が増えたとしても、

 

それは「日本銀行券」という券をいっぱい持ってるよ。

 

ということでしかありません。

 

しかも、将来インフレになるのであれば、

 

その価値はどんどん失われていくワケですし、

 

日本に何かあれば大変なことになる可能性もあるワケです。

 

投資していくら儲けても、増えたお金をまた全て投資しているなら、

 

あなたはいつか大きく資産を目減りさせるでしょう。

 

ある意味、お先真っ暗である日本の通貨だけで持っておくというのも、リスクがあるということを理解しておいてほしいと思います。

 

では、どうすれば良いのか。

 

金ちゃん的な回答としては、

 

  • 世界で多くの需要があるもの
  • 富裕層が好むもの
  • 値上がりが期待できるもの
  • 換金性が高いもの
  • 将来的な値上がりが期待できるもの
  • 匿名性が高いもの
  • 希少性が高いもの

 

このようなものに換えておく(利益確定する)のが好ましいです。

 

なんか、バリュー投資の条件とかとちょっとかぶる部分もありますが、

 

やはり本質は似ているのだと思います。

 

金ちゃんも実際に子供の頃から投資していて、

 

30年近くに渡って成果を出し続けている具体的な投資先としては、

 

  • ROLEXのビンテージウォッチ(スポーツウォッチの中でも希少性の高いモデルや金無垢など)
  • アンティークコイン(希少性の高い金貨など)
  • 希少性の高い時計
  • ゴールド

 

などです。

 

ちょっと最近の実例も挙げてご説明しようかと思いますが、

 

まずは、ROLEXのビンテージウォッチなどは世界的にもめちゃくちゃ人気がありますし、

 

金持ちとか、高級時計イコールROLEXみたいなイメージがありますよね。

 

ROLEXのブランドはめちゃくちゃ強いですし、

 

その人気から、世界中の需要というのは半端ないです。

 

しかも、金ちゃんがオススメするのは

 

「古くて希少性の高いモデル」

 

を買うことです。

 

過去に生産された、そもそも数が少ないモデルでありますし、

 

数はどんどん減っていきます。

 

そして、買う時に重要なポイントがあるのですが、

 

「あるカテゴリで一番、つまり最高峰のモノをケチらずに買う」

 

というコツがあります。

 

この投資のツボを押さえることによってどのようなコトが期待されるかと言うと、

 

どんどん値上がりが期待できます。

 

というのも、ちょっと想像すればわかると思いますが、

 

とある時計好きの金持ちか、大きなお金を持った人が居たとします。

 

時計好き:「あ~、ROLEXも持っているけど、俺の持っている時計はランク的に2番目とか5番目くらいのやつなんだよな。」

 

時計好き:「やっぱどうしても一番良いモノが欲しい・・・。」

 

となります。

 

もし時計が好きなら、やはり最高峰の時計が欲しくなってしまいますし、

 

お金に余裕があるワケなので、

 

そりゃあ買うに決まってるワケです(笑)

 

そして、基本的にインターネット上などでも数が少ないとか、希少性の高い時計であれば、

 

売りに出れば世界中で欲しがる金持ちが居ることは時計屋もわかっているので、

 

市場に出る度に値段が高騰

 

していくというような仕組みです。

 

しかも、モノによっては市場に何個かしか無ければ、

 

仕手のごとく自分で買い占めて、

 

値段をつり上げることも可能です。

 

しかも、株やFXとは違い、そもそもの数が少ないこと、そして現物の取引であることから、

 

空売りはできません。

 

つまり、希少性の高いアイテムであれば暴落とかほぼ無いワケです。

 

そもそも売られる注文が無いので(笑)

 

実はかなりリスクが低く、投資効率も高い投資法でもあります。

 

話はちょっと変わりますが、

 

2~3年くらいに前に金ちゃんが目を付けていた値上がりするだろうなと思っていた時計たちをご紹介します。

 

値段の記録の為に当時スクショを撮っておいたものがあったので、ちょっとご紹介しますね。

 

 

やはり、ROLEXのスポーツウォッチは人気ですし、換金性も高いですし、

 

世界中で需要が溢れています。

 

また、デイトナであると、金無垢の時計などは最近は若い層にもとても人気が出てきていたので、その辺を中心に目を付けていました。

 

ちなみに、これらROLEXはネットショップなどで誰でも買える状態だったものです。

 

中にはまぁまぁレアなものも含まれていますが、

 

まぁ、誰でも買える状態だったものです。

 

ちなみに、先程紹介したROLEXの現在の価格もちょっと調べたのでご紹介しますね。

 

状態など異なりますので、値段にバラツキはあるものの、全て値上がりしているのがわかると思います。

 

 

ちなみに金ちゃんが当時2年位前に購入した以下の時計達というのはもっと希少性の高いものばかりで、

現在、市場にすら出てこないものがほとんどです。(たまに雑誌の取材で貸し出したりすることもあります。)

 

例えば、一番下のものはある意味日本の国宝とも言うべき、最高級の機械式時計なのですが、

(参考情報:ビッグムーンさんのブログより引用)

 

200万円ほどで手に入れましたし、

 

一番上のビンテージのフジツボと呼ばれる古いタイプの金無垢の青いサブマリーナも同等の価格で手に入れました。

 

コレらはまず市場にもなかなか出ませんし、なかなか価格も付きません。

 

分野は違えど、バフェットさんのバリュー投資をキチンと理解したり、

 

金ちゃんの投資のツボを押さえれば、

 

そんなにレバレッジを利かせることはできないものの、

 

利益を確定して、

 

資産を確実に増大させながら、

 

資産を匿名性の高い状態へ移行していくことができます。

 

しかも、手にとって楽しみながら。

 

最近も例えば値上がりがほぼ100%確定の時計が発売されまして、

 

コレです(笑)

金無垢のG-shockで、世界限定35本

 

お値段770万円(税抜)。

 

全て完全受注生産の手作りで、月産数本というものです。

 

気になる方は各自調べて頂きたいのですが、

 

G-shockって世界中で人気があるわけですが、

 

今回35周年ということと、

 

G-SHOCKの核を担う「5段階耐衝撃吸収構造+点接触の心臓部浮遊構造」開発者である、

G-shock公式サイトから引用

伊部 菊雄さんが立ち上げた、耐久性と最高のラグジュアリーというコンセプトのDream Projectによって発表され、世界を震撼させました。

もちろん、耐久性のテストも通ってます(笑)

 

コレなんか、税込みで850万円くらいするワケですが、

 

まぁ絶対と言って良いくらい値上がりしますよね。

 

日本のファンに多く手にしてほしいということから、

 

その殆どが日本向けに、抽選で販売されたので、

 

日本人以外が手に入れるのはかなり難しい状態となっています。

 

しかも、抽選はかなり厳格に行われ、

 

最近よく見られる転売目的の予約と見られるものははじかれたり、

 

欲しいからと言って複数店舗に申込みをした人は抽選から除外されたりしています。

 

しかも、新宿や渋谷のG-shockの店舗ですら入荷が1本とかなので、

 

かなり入手難易度は高いかなと思います。

 

そして既に世界の富豪達からは、

 

数千万円でも買う

 

といった声もあがっています(笑)

 

誰か当たった人、100万円くらい上乗せしますので、

 

金ちゃんに950万円~1000万円くらいで売ってください(笑)

さいごに

今回の内容は非常に重要ですので、さいごに箇条書きで軽くまとめたいと思います。

 

<バフェット式バリュー投資>

  • 良いビジネスモデルの企業を買う
  • リーズナブルな価格で買う
  • 独占型の企業を買う
  • 高い利益率を安定して継続、更には向上させていくであろう企業を買う
  • 上記の条件を踏まえた上で、経済危機直後の割安な時に購入する
  • 具体的にはROE、BPSなどのモノサシを活用して分析する

また、バフェットさんのポートフォリオを分析して丸裸にして、参考にするだけでもかなり長期投資の勝率は上がる。

 

<実物資産への投資(利益確定)>

  • 世界で多くの需要があるもの
  • 富裕層が好むもの
  • 値上がりが期待できるもの
  • 換金性が高いもの
  • 将来的な値上がりが期待できるもの
  • 匿名性が高いもの
  • 希少性が高いもの

具体的には以下のようなもので利益確定する。

  • ROLEXのビンテージウォッチ(スポーツウォッチの中でも希少性の高いモデルや金無垢など)
  • アンティークコイン(希少性の高い金貨など)
  • 希少性の高い時計
  • ゴールド

 

「古くて希少性の高いモデル」

 

 

「あるカテゴリで一番、つまり最高峰のモノをケチらずに買う」

 

ということも非常に重要なので忘れないでください。

 

ちなみに、上記のツボを押さえて現物への投資をしているとわかるのですが、

 

経済危機で逆に値を上げちゃいます。

 

みんな、株や現金で持っている事が不安になって、上記の資産に逃げてくるからです。

 

そういう意味からも、資産防衛だけでなく、手堅く資産を増やすことが可能な、

 

最強のヘッジであり、

 

投資なのかもしれません。

 

そして、本当はアンティークコインであるとか、他の資産形成についてもご紹介しようと思っていたのですが、

 

長くなってしまったので、また次回に回したいと思います。

 

ちなみに、当然ですがROLEXやその他の時計、アンティークコインなどで

 

ほぼ値上がり確定の商品

 

というのは現時点でもかなりあります。

 

お宝なんてちょっと都心に行けば、どこにでも落ちている状態とも言えます。

 

だてに何十年もその辺の相場を見てきていませんし、

 

何度も何度も、値上がりくらいならいくらでも当ててきました。

 

覚えているのが面倒なくらい(笑)

 

信じられない人も多いと思いますが本当ですし、

 

当たり前にまた買付に行こうと思っております。

 

この辺についても興味がある方がいるならコッソリお教えしようかなと思います。

 

以上、さいごまでお読み頂きありがとうございました。