Pocket

いつもお読みいただきありがとうございます。

金ちゃんです。

 

前回の副業日誌の投稿から大分間があいてしまいました。

 

前回は、

 

とうとう、念願叶って、会社を円満退職して参りました(笑)

 

というワケで、「会社辞めました編」をお送りさせて頂きました。

 

このブログを始めた頃(去年)は普通に会社に毎日出社して、

 

普通にサラリーマンをやってはいたワケで、

 

投資や色々な事業投資、インターネットビジネスなどは「副業」でありました。

 

しかし、今や「本業」、そして完全なるプロとなってしまったので、本当はタイトルも「本業日誌」が正しいのかもしれませんが、

 

今更変えるのもナンなので、「副業日誌」のままいきたいと思います。

 

。。。

 

と、どうでもいい話。。。

 

失礼致しました。m(_ _)m

 

今回は、最近行ってきた香港での、

  • 海外視察情報
  • 投資案件情報
  • インターネットでは出せない案件
  • ビリオネア(10億超え長者)達との会食

などの情報をちょっとですがシェアしたいと思います。

 

それでは参りましょう。

香港視察情報

コアな金ちゃん読者であれば、

 

また香港行ったのか。。

 

香港好きやな。

 

と思うかもしれませんが、そんな方はごく少数でしょう(笑)

 

もし、前回の香港視察も気になる!見たこと無いという方はお読みくださいませ。

<過去の香港視察>

【海外編】金ちゃんの副業日誌~第14回~

【海外編】金ちゃんの副業日誌~第15回~(香港2日目)

【海外編】金ちゃんの副業日誌~第16回~(香港3日目)

 

さて、何でまた香港に行ったかと言うと、

 

タイミングと勢いで行ったと言えます。

 

たまたま、また知り合いのビリオネア(10億円超えの長者)から、

 

ちょっとチョメチョメするために、金ちゃんも香港行きませんか?

 

とお誘いを受けたからです。

 

そのビリオネアの方とはいくつか共同で事業投資をしたり、

 

海外の投資案件を探しに行ったり、情報交換したりと、

 

結構良いお付き合いをさせて頂いておりまして、

 

まぁ、金ちゃんの場合「多少の行動力」くらいしかありませんから、

 

誘われれば行く一択なワケです(笑)

 

それで今回は1泊で弾丸でしたが行ってきました。

 

今回の旅の出発点は羽田です。

すっかり冬仕様ですね。

 

夜の出発だったのですが、夕飯を済ませていなかったので、以前から気になっていたものを食べました。

和牛牛重。1500円。

 

店舗限定で、国会議事堂の中にある吉野家と、羽田空港でしか食べれません(笑)

 

国会議員のセンセー達はこれを食べているのでしょうか?

まぁ、たまにしか食べないでしょうけど(笑)

 

そして食べた感想はというと、

 

味はう~~ん。激ウマでもないし不味くもない。

 

リピートはないですね(笑)

 

ちょっと話は脱線しますが、金ちゃんは普段から、

 

食事のメニュー選びや目的地までの道のりなど、

 

小さなことでも意図的に冒険する

 

こんなことを意識しています。

 

普段の生活の中での選択すら冒険できないようでは、

 

人生において新しい物事、大事な選択、想定外の物事が起きた時、

 

きっと機転の聞いた選択はおそらくできないであろうと考えているからです。

 

まぁ、軽い訓練みたいなもんですね。

 

いつも同じ選択ばかりしていては同じ情報しか入ってきませんし。

 

それで、経験もあまりない小さい頭で考えた、つまらない守りの思考、

 

選択しかできなくなるのは危険と思っているからです。

 

ちょっと大げさには聞こえますが、常に新しい物事に飛び込む訓練をすることが重要です。

 

みんな「考えること」・「少しのリスク」とかをとにかく嫌います。

 

ただ、本当にそれは安全な選択でしょうか?

 

みんなと同じ行動、守りの行動をすることで、搾取する側の人間に都合よく操られ、

 

安全と思って選択していたはずが、どんどん実は危ない方へと誘導されていってしまうのではないでしょうか?

 

それでは、これからの激動の時代を生き抜き、

 

自分、ましてや周りの人たちを守ることはできないと思っています。

 

しかも、金ちゃんは常に新しいビジネスを創造し、時代の歪みを見つけることで生計を立てようと思っているワケですから、

 

なおさら上に書いたようなことは意識はするようにしています。

 

と、それはさて置き。

 

今回もフライト前に空港のラウンジを利用できましたので、とりあえず使ってみました。

 

もちろん、飲み物はタダですし、

ゆったり静かにできて、

PCもあるし、

プリンターもあったりします。

ビジネスマンには嬉しいサービスですね。

 

とりあえず金ちゃんはトマトジュースを飲みながらボーっと、飛び立つ飛行機を眺めていただけですが。。。

 

そんなこんなで、香港へは5時間ほどのフライトで着きました。

 

とりあえず、前回の香港の入国審査のようなトラブルはなく、

 

10ヶ月前の金ちゃんとは別人のようにスムーズに入国を果たしました(笑)

 

そうです、前回の失敗、いやデータを活かし成長すれば良いのです!(笑)

それで、香港に無事入国した後は、まずはコレ。

携帯(スマホ)のプリペイドのSIMを購入です。(お金は現地の銀行のATMで下ろしました)

 

これが無いと流石に何をするにも調べたりできませんし、

 

金ちゃんは限りなく戦闘力0になってしまうので、すぐにGETしないといけません。

 

このような数日間限定のプリペイド型SIM(通話付き)とかは、

 

最近ではほとんどの空港で購入できるはずです。

 

もし、まだ利用したことがないという方はそんなにお高くないですし、

 

旅の必需品であると思うので、海外に行った際にはご利用頂ければと思います。

 

今回、金ちゃんが購入したSIMはというと、

 

5日間でデータ使用量は3GB、通話は18HKD(270円くらい)分付いてます。

 

値段は68HKDなので、ざっくり(68×15=1020円)ほど。

 

まぁ、こんなもんでしょうか。

 

その後は、空港と香港の中心部を結ぶ、Airport Expressという電車を使って香港まで行きました。

車内はキレイです。

そして20分ちょっとで香港の中心部に着きます。

 

それで香港の目的地でもある、尖沙咀(チムサーチョイ)という街についたのですが、

 

まだまだ朝早く、格安航空でこわばった体をほぐすマッサージ屋も開いてないワケで、

 

やることも無いので近くの公園や海を散歩がてら見にいきました。

なんか日本では見かけない木とかあったり、

マスカットみたいなのが幹から直で生えてます(笑)

街の中心部にも関わらず、公園の池にはフラミンゴいたり(笑)

ビルとフラミンゴとかなんかギャップがあって面白いです。

お次はよく百万ドルの夜景とか言う、ビクトリアハーバーですね。

本当に香港ってビル多いです。

そんなこんなで、そろそろお仕事の時間となったので目的地へ。

 

今回の仕事(ミッション)は午前中でサクっと終わったので、午後は夜のビリオネアとの会食まで予定がありませんし

 

ただ、夜までブラブラしているのももったいないので、香港でも有数の実績を上げる投資会社に飛び込みで情報収集してきました♪

香港の投資案件情報

飛び込みで気になっている投資会社に言ったワケですが、

 

結構ちゃんと対応してくれました(笑)

 

香港って、中心部だと1ルームでも家賃が30~70万円とか結構普通です。(そこまで中心部でなくとも、40㎡とかで50万円/月とかします)

 

めちゃくちゃ高いんですね。

 

というのも、それだけビジネスチャンスがあるし、商売もできるし、不動産としてのキャピタルゲイン(売却益)なんかも見込めるからなんですね。

 

年々上がっているような気がします。

 

そんな中、運用で収益を上げ香港の中心部でこんな眺めの良い所に自社ビルを建てているとか、まぁ儲けまくっているワケです(笑)

ちょっと事情があってビルの外観や社名はここではお伝えできませんが、、、

そして、この会社で扱っている運用商品やパフォーマンス、その儲けの仕組みなどを伺ってきました。

 

すると、まぁ運用方法は王道も王道!!

 

めちゃくちゃ手堅い方法だったりしました。

 

一つちょっとご紹介すると、

 

例えば、国債です。

 

国債はあらゆる市場の中でも最大規模を誇る市場であるわけですが、

 

国債というのはいろんな年限のものが取引されています。

 

そして、その利回り(年利)というのはそれぞれの国債が一定の関係性を持っています。

 

わかりやすく言えば年限が近いものは利回り(年利)も近くなるというような関係です。

 

そして、その関係をグラフ化したものがイールドカーブといわれるのですが、

 

大きな市場の中で異なる年限の国債の中には、

 

この関係から外れたところで取引されるものがあったりします。

 

ということはですね。

 

安いものを買い、高いものを売ればそのうちいつかそのイールドカーブの乖離が解消された段階で利益が上がるワケです。

 

まぁ、みなさんも大好きなアービトラージですね。

 

こうした国債を用いたアービトラージ。

 

得られる利益はわずかですが、極めてリスクは小さいですし、投資会社が大きな金額を集めて取引額を大きくすることでそれなりの利益が手堅く出ます。

 

まぁ、単純にはこれだけでは無いのですが、このような超手堅い方法や運用実績も数十年あります。

 

そんなガチガチに堅い運用商品でも、

 

普通に年利15~30%とか出ます(笑)

 

金ちゃんの知り合いが運営している香港のファンドも

 

安定型の商品でもずっと20%以上というのはザラ

 

こういうのが本当に香港とか世界であれば当たり前なんですね。

 

日本では大手の銀行、運用会社でこのような商品とは巡り会えないでしょう。

 

完全に日本は金融鎖国状態です。

 

敢えて国民を無知にして海外からの情報を一切見せないようにして、無垢な羊(日本国民)の富を一部の日本人や海外の富裕層が搾り取るというような構造ですね。。。

 

香港は金融で成功している国ですが、投資に対する教育も素晴らしく、

 

一般の方でも投資をするのは当たり前。

 

本業以外の収入があるのも当たり前。

 

複数のビジネス(複業)をしているのも当たり前だったりします。

 

そして、以前の記事でもサラっと書きましたが、

 

香港では税金は75%還ってきます(笑)

 

国自体が運用を行っていて利益を出し続けているので、税金を払ってもほとんど還ってくるんですね。

 

だから、年間で払う税金も人にはよりますが平均的には10万円に満たないのではないでしょうか。

 

どこかの国では、返ってくる見込みの少ない払い損の年金という仕組みに強制加入させられます。

 

そして、強制徴収。。。

 

一般企業が行えば完全に詐欺のような仕組みです(笑)

 

更には世界でも有数の税金の数や種類が用意され、気付き辛い仕組みで徴収されるのです。

 

そして徴収された税金はというと、

 

そのほとんどが特別会計という決算を出さなくとも許されるブラックボックスを利用して、

 

多くの官僚たちの天下り先が作られて、隠されて、、、

 

そこに我々の税金は湯水のごとく吸い込まれ、消えていくワケです。

 

税金が還ってくるどころか、何かする度に様々なかたちで罰ゲームのごとく搾り取られるワケです。

 

何この違い。。。って感じですよね。

 

まぁ、グチはこれくらいにして次にいきましょう。

 

そして、他にもインターネットでは出せない案件を色々と見つけてきました♪

 

例えば「保険」。

 

百年以上続き、国際格付けでもAAAを付けるような保険ですが、

 

あまり具体的な値等は日本の保険業界に睨まれても怖いので出せませんが、、、

 

  • 45歳までは健康診断不要(口頭の申告のみ)で加入
  • 一括払いも可能(300~500万円を5年で支払い)
  • 子供を入れることもできる
  • 途中解約で退職金代わりにもできる
  • 途中解約で学資保険にもできる

 

ざっくりですが、もし金ちゃんが自分と娘に入った場合。

 

<金ちゃん分>

■500万円を一括 or 5年間で支払った場合。

 

65歳で途中解約 ⇒ 2500~3000万円 受け取り

85歳死亡時 ⇒ 一億円 受け取り

 

<娘分>

■300万円を一括 or 5年間で支払った場合。

 

65歳で途中解約 ⇒ 7000~一億円 受け取り

85歳死亡時 ⇒ 4億~6億円 受け取り

 

ちなみに、受け取りは小切手で世界中どこの銀行でも受け取れます。

 

もう意味不明の領域(笑)

 

でも、本当です。

 

(年利3~5%という超手堅い運用で複利をきかせるので、まあ納得なんですが。)

 

日本では絶対に扱われることがありませんが、

 

世界であればみなさんもご存知のAX○ですら似たようなのを扱っています。

 

先程も言いましたが、こういうのが世界のスタンダードであり、余裕で100年以上継続して行われているわけです。

 

貴族が貴族でいるための仕組み

 

とでも言いましょうか。

 

仕組みを知っていて、子供の為に保険に入れる人。

 

そんな人はその子供や孫の代まで繁栄することが約束されるワケです。

 

だから、金ちゃんは自分の保険。子供たちの為の保険に入ります。

 

妻や子供、孫、そしてその先の代へのギフトです。

 

そして、子供達が大人になった時に途中解約でもなんでも、その時の状況で選択してもらって、

 

その一部をまた次の世代に残すように伝えます。

 

一部をこのような保険や先程出てきた手堅い投資商品などに振り分けるだけです。

 

そうやって、子孫が繁栄するための仕組み、

 

お金の仕組みを今から教育しています。

 

投資に限らず、税金についても本当に知らないと損をしますし国は助けてくれるというのは幻です。

次回予告

結構長くなってしまったので、ビリオネアとの会食以降のお話しはまた次回に回したいと思います。

 

本やインターネットで学ぶということも重要ですが、今までとは違う場所に行って新しい情報を取りにいくというのはとても大切だと感じた今日この頃です。

 

さいごまでお読み頂きありがとうございました。

オススメ記事